年齢と転職に求められるスキルの関係

年齢が上がるにつれて転職に求められるスキルが高くなります。新卒はもちろん、25歳くらいまでは未経験の職種でも企業は積極的に採用してくれます。浪人をした人や、大学院に進学した人はほぼ新卒に近い年齢であるので、向いていないと思ったらすぐに決断しても差支えがなと言えるでしょう。

しかし30歳前後は、年齢の壁に直面することがあります。20代であれば社会人経験があるだけでスキルとして問題ないと判断してもらえますが、それを過ぎると、在職中の具体的な成果やマネージメント経験が必要とされます。業種に関する経験があるだけではなく、転職後すぐにノルマを与えたり、年下の新入社員を指導することを企業は求めます。30代は、転職をするよりも、現在の職場に居続けることが無難になる年齢でもあるのです。

そして、40代が近づいてくると、ひたすら作業を担当したり、末端のスタッフで居続けることが決まっている求人か、管理職としての採用が殆どを占めるようになります。学校を卒業してから20年近くが経過しており、他の社員との経験の差は埋められないというのが雇用する側の考え方になります。これから転職を考える人は、年齢もさることながら、転職活動をする際に評価されるスキルや経験を身につけておくべきです。ノルマを達成したり、チームリーダーになるなどの経験は具体性があり、評価の対象になるでしょう。転職エージェントに相談し、非公開の求人に紹介してもらうのも良い職場を見つける上で効果的です。年齢が上がるほど苦労を惜しまず転職活動を行わなければならないので、まずはその第一歩として、年齢と転職にスポットを当てた転職は何歳まで可能?というサイトを一読すると良いかもしれません。


Leave a Reply