転職に成功するために主張するポイント

年齢が高くなってから転職しようとしても、なかなか採用されずに苦労することはよくあります。失敗の経験を重ねてしまって諦めてしまう人もいますが、若い頃の転職とは異なるということを理解をする必要があるでしょう。

即戦力になれるようなキャリアや経験を持っているのであれば、年齢が高くても採用される可能性は十分にあります。その点をアピールすることが重要なのは確かですが、過去の経歴から単純に人材として魅力があることを伝えるだけでは不十分だという認識を持つのが重要です。雇用者側としては、年齢が高くなるほど、採用しても短い期間しか働いてもらうことはできず、おそらく学習能力も低くなっているので、企業色に染めて育てることは難しいと考えていることが多いのです。企業方針に従い、なおかつ現場を盛りたててくれたり、不足を埋めたりしてくれる人材でなければ採用しないということは珍しくありません。その点を理解した上で自分をアピールすることが重要になります。

そこで、中高年が転職をする際には、雇用者の立場に立って、自分が現場に入るとどのようなメリットが生み出されるのかを具体的に説明できるように準備するのが肝要です。予め社風について理解すると共に、現場で生じている問題などについても情報収集をしておく必要があります。その上で、自分にできることは何かと考えて説明し、納得してもらえれば採用につながる可能性があります。即戦力になるかどうかを経歴から推察してもらうよりも、具体性高く理解してもらうことが大切なのです。


Leave a Reply